pagetop

歯の豆知識

お知らせ

診療内容

診療内容

instagram インスタグラム

診療内容

たむら歯科クリニック 院長 田村 佑介

2006年神奈川歯科大学卒

1年の臨床研修を経て、
尼崎の医療法人にて副院長を歴任

2015年8月にたむら歯科クリニックを開院

詳しくはこちら


歯の豆知識

田村クリニック|宝塚市逆瀬川にある呼吸器専門の内科クリニック

キシリトールの効用

キシリトールの歯に対する効用はさまざまですが、良く知られている効用としてはむし歯予防が挙げられます。食事をした後にキシリトール入りのガムなどを噛むと、むし歯予防に効果的であると考えられています。

むし歯は、ミュータンス菌・レンサ球菌・アクチノミセスなどの菌が歯垢中に棲んで、糖から酸を作り出して歯を溶かすことによって発生します。しかし、キシリトールは砂糖のような甘みを感じることができる甘味料でありながら、砂糖とは違って、むし歯の原因菌が酸を生み出す材料とはならないうえに、菌の増殖を抑える効果も期待できるため、口内環境を良い状態に保つことができ、むし歯予防としてもキシリトールが利用されています。

通常、むし歯予防には歯磨きをしたり、歯医者さんに通って定期検診を受けるなど少し手間がかかりますが、キシリトールはガムやタブレットタイプが発売されており、いつでも手軽に口にすることができます。販売されている場所もスーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなど、幅広く販売されていて手軽に入手できますし、フレーバーもさまざまな種類がありますので飽きることがありません。

また、ガムを噛むことによって、咀嚼のリズムで脳が刺激され集中力を高めることができたり、唾液の分泌を促して擦り減ったり酸によって溶けかかった歯の再石灰化を促進したり、顔の表情筋が動いて引き締められることで小顔効果が期待できるとも言われており、一石二鳥にも三鳥にもなります。

歯磨きや歯科定期健診などのいつものお口のお手入れに、キシリトールも加えてみられてはいかがでしょうか?