pagetop

歯の豆知識

お知らせ

診療内容

診療内容

instagram インスタグラム

診療内容

たむら歯科クリニック 院長 田村 佑介

2006年神奈川歯科大学卒

1年の臨床研修を経て、
尼崎の医療法人にて副院長を歴任

2015年8月にたむら歯科クリニックを開院

詳しくはこちら


歯の豆知識

田村クリニック|宝塚市逆瀬川にある呼吸器専門の内科クリニック

歯と運動能力の関係

歯並びや噛み合わせが、筋肉や運動能力と関係していることをご存知でしょうか。
トップアスリートと呼ばれる一流選手たちの中には、噛み合わせを補ったり食いしばりによる歯のひび割れや欠損を予防するために、オーダーメイドで自分の歯型に合わせたスポーツ用のマウスピースを作って装着している選手も多くいます。

人は力を発揮するとき歯を食いしばる傾向にあります。
噛みしめることによって、身体のブレを防ぎ、力を逃がさないようにしているのです。
歯並びが悪かったり噛み合わせに不具合があると、全身の筋肉や骨格のズレ、ゆがみが生じて最大限のパフォーマンスができなくなり、思いきり力を発揮することができません。

例えば、球技など多くのスポーツでは、動きのある動的な場面と、姿勢を保つ静的な場面が激しく切り替わり、優れた選手は場面に応じて「噛む」「噛まない」を上うまく使い分けます。
試合の重要な局面できちんと噛めるようにするために、日頃のむし歯のケアや正しい咀嚼が大切です。

また、悪い歯並びは慢性的な肩こりや腰痛など、全身のさまざまな不調を引き起こす危険性もあります。
良い歯並びで噛み合わせが安定していると姿勢もよくなり、脳にも良い影響を与えるので、スポーツに限らず勉強のパフォーマンスも向上するかもしれません。

歯とひとの運動能力の間には密接な関係があるので、口内に不具合を感じたり、虫歯がある方はまず歯科医師に診てもらいましょう。
定期的に歯科検診を受診することが、ご自身の健康や安心につながりますので、ぜひご利用ください。