pagetop

歯の豆知識

お知らせ

診療内容

診療内容

instagram インスタグラム

診療内容

たむら歯科クリニック 院長 田村 佑介

2006年神奈川歯科大学卒

1年の臨床研修を経て、
尼崎の医療法人にて副院長を歴任

2015年8月にたむら歯科クリニックを開院

詳しくはこちら


歯の豆知識

田村クリニック|宝塚市逆瀬川にある呼吸器専門の内科クリニック

入れ歯(義歯)とインプラントの違い

人は歯を失ってしまった場合、失った歯を補うために入れ歯とインプラントのどちらかを検討されることが多く、また迷われることもあると思います。

入れ歯とインプラントの違いは、いくつかありますが、構造上の違いからメリットデメリットまで簡単にご紹介します。



・構造上の違い
入れ歯やブリッジとインプラントでは、「人工歯根があるか、ないか」という点で大きく異なります。
入れ歯やブリッジはお口の中の型を採り、その後はお口に合わせたものを作るだけで装着して使用できますが、インプラントは外科手術であごの骨に人工歯根(歯の根っこ)を埋め込んで、その上に人工歯を装着します。

・外科手術の有無と完成までの時間
入れ歯は手術の必要がなく、歯を失ってしまったらすぐに制作することができて、完成までそれほど長くかかりません。
インプラントは人工歯根(歯の根っこ)を埋め込む手術が必要で、手術法により期間に多少の差はありますが、手術後は1~6か月程度の安静期間(結合期間)が必要なため、どうしても時間がかかります。

・費用について
入れ歯は材質によって健康保険が適用されるものもあり、比較的安価に作ることができます。
健康保険が適用されないものでも、さまざまな形状や素材があり、予算や用途に合わせて選ぶことができます。
一方、インプラントも材質を選ぶことはできますが、健康保険が適用されず、全額自己負担となるため、どうしても高額になります。

・噛み合わせについて
入れ歯は歯根がないため、完全に固定することはできず、ズレたり動いたりして噛み合わせがうまくいかなかったり、噛む力が伝わりにくく固いものが食べにくいという声が聞かれますが、インプラントは人工歯根に完全に固定されるため、噛み合わせがしっかりしているので、固いものでも不自由なく噛むことができます。

・見た目の美しさ(審美性)
入れ歯は歯や歯ぐきの色・質感の違い、金具(留め金)が見えてしまうことなどによって、見た目で入れ歯であるとわかることがありますが、インプラントは見た目も自分の歯と遜色なく、ほとんど違和感がありません。


こういった違いやメリット、デメリットを知っていただいたうえで、「入れ歯を作りたい」、「インプラント治療を受けたい」と思われる方は、まず歯科医師にご相談ください。

特に、インプラント治療につきましては、ご希望されれば必ず受けられるというものではありません。あごの骨の状態や持病などにより、治療を受けられないこともございますのでご注意ください。